ボディボードにプラグを取り付け

こんばんわ
ドルフィンズのKOUです。

ボディボードにプラグを取り付ける手順をご紹介します。

注意するはまず取付け位置。
この位置決めはかなり気を使わないといけないポイントなんです。

まず最近のボディボードは中にストリンガーが入っていたりするボードが多いので、そこを外した位置に取付けます。
そしてノーズに近すぎず、レールにも近すぎない使いやすい位置。
さらにロゴマークを気にするかなど、お使いになる方の好みを考慮して最終位置を決めます。

そしてドルフィンズではしっかり垂直にプラグが貫通するように
こちらのドリルで小さめの穴をあけていきます。
プラグの取付け
さらに防水のためにボンドを注入してプラグを差し込みます。
これはお客さまのお好み次第で、プラグを外すのでボンド不要な場合は入れなくてもOK。
ボードの素材によってはボンドとの相性が悪い場合、最悪ボードが溶けてしまうこともありますので注意が必要なんです。

裏からボードを見てみます。まだプラグは強く締めてません。
プラグの取付け
今回は裏のロゴも上手く避けています。
ここはロゴの大きさや位置でどうしてもロゴに当たってしまう場合もあります。
ロゴを避けることを優先すると、とんでもなく使いにくい位置にしかプラグを開けられない等、本末転倒な事態になりますから、見た目はあまりこだわらないで、ロゴにグサッと行くのもワイルドでカッコいいものです。

表の状態です。上手くロゴを避けてますね。
プラグの取付け
しっかりプラグを締め付けて完成です。

ボディボードと体をつなぎ止めるリーシュコード。
プラグもしっかり取付けましょう。

ドルフィンズではボディボードとリーシュコードまたはプラグを同時にご購入いただければプラグの取り付けは無料サービスです。

ドルフィンズボディボードファクトリー
045-945-3777
ご質問もお気軽にどうぞ!
www.dolphins-bb.com
Facebookはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です